東京都大田区,蒲田の内科,消化器・胃腸内科,苦しくない・痛くない・内視鏡,胃カメラ,大腸カメラ,ピロリ菌,すい臓,肝臓,胆のうの病気,がんにも対応,手術も上手と評判の三光クリニック。川崎・東京・品川方面からもアクセスしやすい立地。

胃カメラ検査のご案内

 

検査のご案内

鎮静について

通常の胃カメラ検査はなぜ苦しいのか

  「胃カメラは苦しい」という常識が世の中に浸透してしまっています。当クリニックでは、無痛の内視鏡検査を行うために軽い鎮静剤を使用していま す。熟練した技術を用いて、鎮静処置を適切に行えば楽に検査を行うことができます。当クリニックで、痛みの無い内視鏡検査をぜひ体験してみてください。

胃がんの早期発見のため、つぎのような方に検査をおすすめします。

  • 40歳以上の方
    胃癌は40歳を過ぎてから増加します。40歳を過ぎたら一度は胃カメラを受けましょう。

胃癌の年齢階級別罹患率推移(1980年、2010年)

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター
(http://ganjoho.go.jp/professional/statistics/statistics.html)

  • 胃の不快感
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • つかえ感
  • 食欲不振
  • みぞおちの痛み
  • 頻回のゲップ
  • 貧血ぎみ
  • 体重減少
  • 腹部の張り
  • 黒い便
  • 家族に胃ガン/大腸ガン/消化管のガンの方がいる

検査の申し込み

  • 外来にて医師の診察を受けていただき検査の予約をいたします。
  • ご希望の方は、お電話にて外来と検査の予約をとることもできます。
  • 外来にて、検査前、当日、検査後の生活、食事、薬について説明いたします。

検査の流れ

検査前日から当日の朝まで

【検査前日】

  • 夕食は早めに摂り、夜9時以降は水以外の飲食は避けましょう。
  • 早めの就寝を心がけましょう。

【検査当日】

  • 水以外の飲食はしないでください。
  • 鎮静剤を使います。お帰りの際、大変危険ですので、自転車・車でのご来院は避けてください。

【検査の実際】

検査前の準備:胃の中をきれいにするため、消泡剤(白い液体の薬)を飲み、のどに麻酔薬をためていただきます。

  1. 左を下にして横向きになり、マウスピースをかみます。
  2. 軽い鎮静剤を使って緊張を和らげてから、検査を行います。
  3. 内視鏡を挿入します。検査は5分前後で終了します。
    なお、組織検査(生検)を行う場合は、10分程度かかる場合があります。
  4. 検査中は、モニターをつけて、常に状態を観察します。
  5. 必要があれば、細胞を採取して病理検査(顕微鏡検査)に出します。
  6. 検査終了後、鎮静剤の効果が和らぐまで1時間程度休んでいただきます。
  7. 処置内容に合わせて、生活・食事・薬に関する注意事項をご案内させていただきます。
  8. 診察室で検査の写真を見ていただきながら、結果の説明をいたします。
     

検査終了後の注意点

  • 生検を行った場合、当日はアルコール摂取や激しい運動を控え、入浴はシャワー程度をお勧めします。
  • 出血や腹痛があった場合には携帯電話へ連絡をお願いします。
  • 組織検査の結果説明は、約1~2週間後になります。

 

院長が診断した早期胃がんの代表例

症例1

50代、女性。 スキルス胃癌がんの初期像。大きさ8mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、完治しました。

症例2

40代、女性。 スキルス胃癌がんの初期像。大きさ12mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、完治しました。

症例3

30代、女性。 スキルス胃癌がんの初期像。大きさ18mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、完治しました

症例4

60代、女性。 スキルス胃癌がんの早期。大きさ20mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、完治しました。

 

料金のご案内

健康保険が適応になります。