東京都大田区,蒲田の内科,消化器・胃腸内科,苦しくない・痛くない・内視鏡,胃カメラ,大腸カメラ,ピロリ菌,すい臓,肝臓,胆のうの病気,がんにも対応,手術も上手と評判の三光クリニック。川崎・東京・品川方面からもアクセスしやすい立地。

大腸カメラ検査のご案内

 

検査のご案内

鎮静について

   「大腸カメラはつらい」という常識が世の中に浸透してしまっています。当クリニックでは、無痛の内視鏡検査を行うために軽い鎮静剤を使用しています。熟練した技術を用いて、鎮静処置を適切に行えば楽に検査を行うことができます。

  当クリニックで痛みの無い大腸カメラを体験してみてください。

大腸がんの早期発見のため、つぎのような方に検査をおすすめします。

  • 40歳を超えた方
    大腸癌は40歳を過ぎてから急速に増加します。40歳を過ぎたら一度は大腸カメラを受けましょう。


資料:国立がん研究センターがん対策情報センター
(http://ganjoho.go.jp/professional/statistics/statistics.html)

  • 便潜血反応が陽性
  • 便が以前に比べて細くなった
  • 便秘、下痢など、便通異常のある
  • 便に血が混じる
  • 排便時に出血したことがある
  • 下腹部に痛みや違和感がある
  • 血縁にがんの患者さんがいる
  • 大腸ポリープを切除したことがある
  • 大腸がんの手術を受けたことがある
  • 食事内容に肉食が多い
  • 大腸がんが心配である
  • 血液検査で貧血がある

検査の申し込み

  • 外来にて医師の診察を受けていただき検査の予約をいたします。
  • ご希望の方は、お電話にて外来と検査の予約をとることもできます。
  • 外来にて、検査前、当日、検査後の生活、食事、薬について説明いたします。

検査の流れ

検査前日から当日の朝まで

【検査前日】

  • 大腸内に便が残っていない状態にする必要があり、検査前日から検査食をお召し上がりいただき、下剤を服用します。

【検査当日】

  • 水以外の飲食はしないでください。
  • 大腸をきれいにするために下剤を数回に分けて飲んでいただきます。
  • 当日は、予約時間の10分前にご来院いただき、簡単な問診票を記載してい  ただいたのち、血圧、脈拍など、全身状態をチェックいたします。
  • 鎮静剤を使います。お帰りの際、大変危険ですので、自転車・車でのご来院は避けてください。

【検査の実際】

  1. 検査着と検査用のパンツを着用します。
  2. 検査台に左を下にして寝ます。
  3. 軽い鎮静剤を使って緊張を和らげてから、検査を行います。
  4. 検査中は、モニターをつけて、常に状態を観察します。
  5. 検査室の照明を暗くし、内視鏡を挿入します。
  6. 検査は通常10分程度で終了します。
    なお、大腸ポリープを切除する場合は、15分~30分程度かかる場合があります。
  7. 必要があれば、細胞を採取して病理検査(顕微鏡検査)に出します。
  8. 将来がんになる可能性のあるポリープが見つかった場合はその場で切除します。
  9. 検査終了後、鎮静剤の効果が和らぐまで1時間程度休みます。
  10. 処置内容に合わせて、生活・食事・薬に関する注意事項をご案内させていただきます.。
  11. 診察室で検査の写真を見ていただきながら、結果の説明をいたします。

検査終了後の注意点

  • ポリープの切除を行った場合は、10日間、アルコール摂取や激しい運動を控え、当日の入浴はシャワー程度をお勧めします。
  • 出血や腹痛があった場合には携帯電話へ連絡をお願いします。
  • 組織検査の結果説明は、約1~2週間後になります。

 

院長が診断した早期大腸がんの代表例

30代、女性。 
早期大腸癌。
大きさ6mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、
完治しました。

 

30代、男性。 
早期大腸癌。
大きさ7mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、
完治しました。

 

30代、女性。 
早期大腸癌。
大きさ8mm。
早期がんであったため、内視鏡で治療し、
完治しました。
 

 

 


50代、男性。 
直腸カルチノイド。
大きさ3mm。
内視鏡で治療し、完治しました。

 

料金のご案内

健康保険が適応になります。