東京都大田区,蒲田の内科,消化器・胃腸内科,苦しくない・痛くない・内視鏡,胃カメラ,大腸カメラ,ピロリ菌,すい臓,肝臓,胆のうの病気,がんにも対応,手術も上手と評判の三光クリニック。川崎・東京・品川方面からもアクセスしやすい立地。

 ■胃の病気 Q & A

ABC検診とは?

ピロリ菌をもっている人は、胃がんになりやすいことが明らかになり、最近は採血で簡単にできるABC検診を行うところが増えています。

詳しくはこちら≫

ピロリ菌について

ピロリ菌は胃・十二指腸かいようの原因になります。
ピロリ菌を除菌することによって、胃・十二指腸かいようの再発率は著しく低下します。

詳しくはこちら≫

NBIとは

NBIとはNarrow Band Imagingの略です。
NBIは、ヘモグロビンに強く吸収される波長で粘膜表面の毛細血管を浮かび上がらせます。

詳しくはこちら≫

逆流性食道炎について

胃酸が食道へ逆流して起こる病気を胃食道逆流症(GRED)といいますが、食道に炎症を認めるものを逆流性食道炎、炎症を認めないものを非びらん性胃食道逆流症(NERD)と言います。

詳しくはこちら≫

がん予防のための12か条とは

バランスのとれた栄養をとる
毎日、変化のある食生活 ・・・・

詳しくはこちら≫

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは

「機能性胃腸症(FD: Functional Dyspepsia)」は、内視鏡検査などで胃に潰瘍やがんなどが認められないのに、胃のもたれや痛みを感じる症状のことをいいます。

詳しくはこちら≫

食道がんのリスク要因について

喫煙していない人に比べて7倍のリスクがあります。

詳しくはこちら≫

胃がんのリスク要因について

胃がんの頻度は現在でも高く、毎年13万人が罹患し、5万人が亡くなっています。

詳しくはこちら≫

非びらん性胃食道逆流症

胃酸が食道へ逆流して起こる病気を胃食道逆流症(GRED)と言いますが、内視鏡で食道に炎症を認めるものを逆流性食道炎、炎症を認めないものを非びらん性胃食道逆流症(NERD)と言います。

詳しくはこちら≫

食道裂孔ヘルニアとは

胸部と腹部の間には横隔膜という筋肉でできた膜がありますが、そこに食道の通っている孔があり、食道裂孔といいます。

詳しくはこちら≫

バレット食道とは

食道の粘膜は扁平上皮(へんぺいじょうひ)という粘膜でおおわれていますが、それが胃腸の粘膜に似た円柱上皮に置き換わった状態を、その報告者の名前からバレット食道と呼びます。

詳しくはこちら≫

カプセル内視鏡について

カプセル内視鏡とは超小型カメラを内蔵したカプセルをビタミン剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。

詳しくはこちら≫

胃粘膜下腫瘍とは

粘膜下腫瘍とは、文字通り粘膜の下にできる腫瘍です。すなわち、粘膜よりも深い胃壁内(粘膜下層、筋層、漿膜下層など)に発生します。

詳しくはこちら≫

アニサキス症について

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種です。

詳しくはこちら≫

GISTとは

GISTとは、Gastrointestinal stromal tumorの略で、消化管間質腫瘍とも言われます。

詳しくはこちら≫

消化管ポリポーシスとは

ポリポーシスとは、ポリープが多数(一般的には100個以上)みられる場合を指します。原因となる疾患は多岐にわたります。

詳しくはこちら≫

消化管アミロイドーシスとは

アミロイドーシスとは、アミロイドと呼ばれる異常タンパク質が全身のさまざまな臓器に沈着し、機能障害を起こす病気です。

詳しくはこちら≫

胃ポリープについて

胃底腺ポリープは、女性に多くみられ、ピロリ菌陰性の萎縮のない胃粘膜(胃底腺粘膜)に数個以上発生します。

詳しくはこちら≫

食道カンジダ症とは

食道カンジダ症とは、カンジダという真菌(カビ)が食道内で増殖し、胸焼け、胸痛、嚥下時痛などの症状を引き起こす病気です。

詳しくはこちら≫

慢性胃炎について

胃炎が長期間、くりかえし起こることで胃粘膜が変化してしまう状態です。

詳しくはこちら≫

萎縮性胃炎とは

萎縮性胃炎は、長年にわたって胃の粘膜に炎症が起こること(慢性胃炎)で、胃液や胃酸などを分泌する組織が縮小し、胃の粘膜が萎縮した状態です。

詳しくはこちら≫

食道静脈瘤とは

食道粘膜の下を通る静脈が太くなり、瘤(コブ)のように膨れる病気です。できた瘤(コブ)は次第に大きくなり、血管は脆く、出血しやすい状態になります。

詳しくはこちら≫

吞気症とは

呑気症とは、無意識に大量の空気を呑み込むことによって、胃や食道、腸に空気がたまり、その結果、ゲップやお腹の張り、おならが頻繁にでる症状。空気嚥下症ともいいます。

詳しくはこちら≫

吞気症とは

呑気症とは、無意識に大量の空気を呑み込むことによって、胃や食道、腸に空気がたまり、その結果、ゲップやお腹の張り、おならが頻繁にでる症状。空気嚥下症ともいいます。

詳しくはこちら≫

消化管アレルギーとは

特定の食物を摂取することによって、アレルギー反応に由来する種々の消化器症状、全身症状が起こる病気です。

詳しくはこちら≫

好酸球性胃腸炎とは

好酸球性胃腸炎は胃/腸に好酸球が浸潤して慢性炎症を引き起こし、これが原因となって胃腸の正常な機能が障害される疾患です。

詳しくはこちら≫

ペプシノゲン法とは

ペプシノゲンは、胃で作られる蛋白質分解酵素ペプシンのもとになる物質です。

詳しくはこちら≫

腹部アンギーナとは

腹部アンギーナは、腹部の動脈が狭くなることにより、食後の腹痛、体重減少、嘔気などが起こる病気です。

詳しくはこちら≫

ノロウイルスによる感染性胃腸炎について

感染性胃腸炎とは、細菌やウイルスなどの病原体による感染症です。

詳しくはこちら≫

クローン病とは

クローン病とは、小腸、大腸を中心とする消化管の炎症により、慢性のびらんや潰瘍を生じる病気です。

詳しくはこちら≫

メネトリエ病とは

胃の巨大皺襞(すうへき;ひだ)と低蛋白血症を特徴とした病気で、過形成性(かけいせいせい)胃炎と呼ばれることもあります。低蛋白血症は、胃の粘膜から血液中の蛋白がもれ出ることで起こります(蛋白漏出性胃腸症)。

詳しくはこちら≫

抗血栓薬の休薬について

当クリニックでは、 消化器内視鏡診療ガイドラインに従って対処しております。

詳しくはこちら≫

クロストリジウム感染症とは

クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile、C. difficile)は、2種類の外毒素(C. difficileトキシンAおよびB)を産生します。

詳しくはこちら≫